ロサンゼルスに出張

3月3日から6日にかけて、カリフォルニア州トーランスにある提携先のリーバンズ社を訪問しました。
今回は競売不動産物件の視察と現地スタッフとの打ち合わせが主な訪問目的でしたが、米国の景気上昇(セミナーでいろいろ勉強していますが)を目の当たりに感じてみたいという思いもありました。
集中的に視察したのは、ランキャスター、パームデールの物件http://shurojp.com/bukken/lancaster-palmdale/で、全部で7棟(1棟はアパート)行きました。築50~60年経過している家でもリノベーションが終わっているので、とても綺麗で広くて値段も安いのに改めて驚きました。これなら良いビジネスにつながるだろうと思いました。
米国の景気に関しては、ロサンゼルスのダウンタウン周辺をいろいろ案内してもらい再開発ラッシュで工事中物件があちらこちらに見受けられ街行く人の多さと活気にこれからますます発展するだろうと感じました。
今回の出張を通してアメリカ景気の堅調さを確認することができました。

追記
今回は見ることができませんでしたが、ランキャスターに行く途中の丘陵地帯に5000坪の牧場も2軒購入しているとの事でした。遠くから眺める事しかできま せんでしたが、販売価格が日本円で約5000万円。家を直して売りにだしたら早速オファーが入ったとのこと。趣味で家畜(馬とかでしょうか)を飼うという事のようですが、さすがアメリカとびっくりしました。ロサンゼルスから100キロ弱しか離れていない5000坪の土地を5000万円で買えるなんて羨ましく思いました。もっとも5000坪の広さがどのくらいか想像できませんが。