ハーバーウェルス壁新聞

お客様が注目するのは1月10日「夫婦で年金プラス3000万円」の記事です。
気にされる方が多いのでなかなか外せません。

1月21日の「年々ずしり社会保険料」、そして2月10日の「基礎財政収支9.4兆円赤字」。具体的な対策が見えてこないからか注目されません。しかし大変な事です。同時に、1月28日の「銀行・生保の国債離れ」の記事。
今は日銀が買っているので買い支えられていますが、いつか終了します。
その時にどうなるのでしょうか?

日本経済は縮小しています。財政赤字は解決の目処もなく社会保険料は増加の一途。赤字の穴埋めに発行している国債。買い支える人がいなくなった時どうしますか。

国の年金に頼らなくても生活できる資産形成を目指すときなのかもしれません。どうすれば良いか分からなくても、ともかく行動する人には明るい未来が訪れるでしょう。何もしない人は厳しい時代になると思います。

資産の分散は必須でしょう。円だけでなくドル資産を持つことは有益です。