米国不動産、実際に買ってみた:確定申告を終えて

私は、2018年8月に、米国ダラスの不動産(Trinity Meadows Condominiums)を購入しました。
結果、米国不動産購入が効果を生み、様々な税金の減税につながりました。

不動産所得に関しては、表計算ソフトで収入と支出の一覧表を作りました(次年度も利用するため)。
米ドルによる支払い、米ドルの受け取りなので、確定した日の為替レートを調べ、円貨を計算しました。すべての資料を整え、インターネットを使って申告書を作成。税務署に提出しました。すべて自分で行いました。

リーバンズ社から節税効果を聞いてはいましたが、自分で算出してみると効果が大きいことに改めて驚きました。それは、住宅価格に占める建物価格の割合が85%と大きい事と、それを4年間減価償却できる効果があるからです。
逆に、5年後の売却時には、簿価が土地代だけになるので、譲渡所得税がいくらになり、最終損益がどうなるか、ほんの少し心配しています。(笑)

節税・運用のご相談を随時承っております。
効果をご一緒に検討しましょう。