すべての活動報告

投稿日: 2015/04/10 ハーバーウェルス壁新聞

しばらくご無沙汰しておりましたが、4月の新聞記事の切り抜きを、アップします。
注目記事は、経済同友会の代表幹事の小林氏がインタビューに答えて「日本は崖っぷちだ」と財政の状況を話題にしました。

日本の国債の格付けが下がったりしたと思いますので、気にされた方もいらっしゃると思います。これを何とかしなくてはなりません。

またOECDの事務総長が、日本の消費税は15%しないとだめだと報告したとあります。日本の債務残高は、未知の領域だとの見解です。

歳出を減らすことがなければ、大増税は目に見えています。

投稿日: 2015/03/03 ハーバーウェルス壁新聞

今月の注目記事
1)日本国債の保有について
海外からの購入が多く保有残高は最高だったという記事です。欧米の金利低下が理由とあります。海外の投資家は、新規発行の国債を直接買うことは出来ません。いったん日本の金融機関等が購入したものを購入しています。
なぜここで購入しているのか、日銀が国債を買い取っているからです。多少でも利ざやを稼ぎたいというところではないかと思います。記事には、「安全資産としての需要も根強い」とモルガンスタンレー証券の意見をのせていますが「短期的な利ざやを狙うヘッジファンドの投資も増えた」という意見が実際のところではとも思えます。いずれにしてもいつかは日銀の国債買取は終了します。そしてまた国債が市場に出回ります。その時誰が買い支えるのか不安があります。

2)為替の対ドル相場と実質実効レートとの開きが拡大
毎日新聞の記事ですが、現在のドルの為替レート以上に、実質実効レートでは円が安くなっているという事です。
実質実効レートとは、通貨の価値を総合的に把握する指標です。それによると、現在の円の価値は、1ドル300円程度とみなされ、現在の120円とは大きく差があります。ここから言える事はまだまだ円の下がる可能性があるのではないかという事です。しかし過去のグラフを見ると必ずしも円相場と実質実効レートとは似た動きをしている訳ではないので、何とも言えませんが。

3)消費税率12%が必要?
消費税をどのくらい上げる必要があるかについて、今後財政再建と絡めていろいろな意見が出てくると思います。
消費税率を大きく増やそうという議論が高まってくる可能性が高いですね。

投稿日: 2015/02/11 新春感謝食事会のご感想の一部を掲載します

新春感謝食事会にご参加のお客様よりお寄せいただいたご感想。
その中の一部を掲載します。

「チェロの演奏を聴きながらコース料理をおいしくいただき、とても満たされた気持ち
です。」
「干しアワビ、干貝柱等の高級食材の前菜に始まり、伊勢海老のチリソースに感激。
チェロの演奏にウットリ。心がほんわか。」
「中華街で普段食べる事のない高級食材の料理に堪能。今後も人生設計に役立つ商品の
紹介を楽しみにしています。」
「滅多に味わえない食事会に参加でき光栄。生演奏を聴きながの飲食は懐かしい一夜
でした。米国の状況が聞けたので良かった。」

投稿日: 2015/02/10 ハーバーウェルス壁新聞

お客様が注目するのは1月10日「夫婦で年金プラス3000万円」の記事です。
気にされる方が多いのでなかなか外せません。

1月21日の「年々ずしり社会保険料」、そして2月10日の「基礎財政収支9.4兆円赤字」。具体的な対策が見えてこないからか注目されません。しかし大変な事です。同時に、1月28日の「銀行・生保の国債離れ」の記事。
今は日銀が買っているので買い支えられていますが、いつか終了します。
その時にどうなるのでしょうか?

日本経済は縮小しています。財政赤字は解決の目処もなく社会保険料は増加の一途。赤字の穴埋めに発行している国債。買い支える人がいなくなった時どうしますか。

国の年金に頼らなくても生活できる資産形成を目指すときなのかもしれません。どうすれば良いか分からなくても、ともかく行動する人には明るい未来が訪れるでしょう。何もしない人は厳しい時代になると思います。

資産の分散は必須でしょう。円だけでなくドル資産を持つことは有益です。

投稿日: 2015/01/16 新春感謝食事会を開催

横浜中華街の重慶飯店新館・貴賓室で17名(欠席10名)、プラチナステータスのお客様と11月12月キャンペーンでご契約をいただいたお客様をお招きし開催しました。季節の食材を中心に厨師たちが腕をふるった本格中華料理をご堪能いただきました。
前菜から始まり、フカヒレスープ、北京ダックは一羽を目の前でカット、エビやアワビをふんだんに使ったお料理が次から次へと。「今まで食べた中華のコースの中で最高でした (^.^)」との感想も頂きました。
お食事の間に米国不動産関連のビデオや写真をお見せしたり、チェロ演奏、くじ引き、とアッという間の楽しい2時間でした。

投稿日: 2015/01/14 水彩画教室は今年も開いています

1月は7日、14日に開催。
現在生徒は7名。1回2時間でほぼ完成します。
新しい方が始められても、個人個人で表現の仕方が違いますので、いつ始めても問題なく楽しめます。林先生はその人に合った指導をしてくださいます。
2月は4日、18日です。見学もOKです。
お気軽にどうぞ。

投稿日: 2015/01/10 1月月初の新聞切り抜き

日経新聞の中から気になった記事を切り抜いて社内に掲示しています。
上段は、昨年までのもの、下段は1月の切り抜きです。
目を引くのが、「夫婦で年金プラス3000万円」という記事です。

投稿日: 2014/11/08 海外投資情報セミナーを開催


1部 米国住宅地開発投資(Walton)
walton社の山中氏(香港支社)から、ウォルトンについての説明、投資地域の解説、償還実績の紹介・・・等、質疑応答を交えながら丁寧なお話でした。

2部 米国不動産投資(Reavans)
Reavans社の富山氏(東京支社)から、なぜ今米国不動産がお勧めの状況なのか、なかでもリーバンズ社がテキサス州に注目している根拠等のお話でした。

3部 韓国P2P金融投資(KJMoney)
KJマネー社の李社長から、政治と経済は違うというお話から、P2Pの仕組み(今回は銀行がいかに大きくかかわっているか)やスタートして3年の(順調に推移している)等のお話でした。

=参加できなかった方へ=
配布資料をご希望の方はご連絡下さい。資料希望の方はコチラへ

投稿日: 2014/10/12 アメリカに出張

10月6日から12日にかけてアメリカに出張してきました。驚いた事を3つ報告したいと思います。
1.地方都市の取り組み。本社誘致
2.テキサス地方の平均的な住宅事情
3.アメリカ人の家の買い方

=1.地方都市の取り組み。本社誘致=
今回、テキサス州のダラス国際空港から車で20分のプレイノという地方都市に行きました。それは、トヨタの北米本社が移転してくるからです。トヨタの北米本社は、現在ロサンゼルスにあります。テキサス州は、北米のほぼ真ん中に位置する州で、ロサンゼルスからは飛行機で3時間の距離。時差も2時間ありますので、ずいぶん離れています。
テキサス州というと、最近ではシェールガス、シェールオイルを産出している州として知られています。皆さんは何を知っておられるでしょうか?カウボーイとかケネディ大統領が暗殺された都市とか、そんなイメージでしょうか。
プレイノという地名は、スペイン語で平らという意味だそうですので、広い平原みたいなところでしたが、湖もありました。こんな地方都市がトヨタの北米本社を誘致しました。
そればかりではなく、プレイノ市には、数多くの企業の北米本社が存在しています。私が見ただけでも、ケンタッキー、ピザハット、フリトレー、JCペニー、フェデラルエキスプレス、エリクソンなどがありました。それらは、インターナショナルビジネスパークという開発された区域の中にあって、大通りの名前は、なんとヘッドクォーター(本社)通りと名付けられています。そしてその通りに面してトヨタの北米本社の予定地があります。

…詳細を見る

投稿日: 2014/09/03 当社 創立記念日

7年目を迎えます。

9月3日にしたのは、日→月と英語で読むと、「サンキュー」で感謝の日という意味で選びました。
会社の電話番号にも、39を入れています。
そのほか、ドラえもんのお誕生日・・・とか